JA(農協)マイカーローンとは
ja 以外のマイカーローン
銀行系カーローン
信販系カーローン
カーローン用語集
スポンサードサーチ
サブメニュー
お勧めリンク
■残価設定ローン

よく巷で「新車が半額で買える!」「3年後の買い取り価格保証!」などと謳っているのが「残価設定ローン」です。

これは、新車を購入して一定期間(一般的には3年)使用した後に売却することを前提に組むローンのことです。

使用後の査定額(残価)を設定し、それをあらかじめ新車購入価格から差し引いて、残りの金額をローンで支払います。ですから通常よりも大幅に安い価格で新車が買えます。ただし、期間満了後、売却するに当たってもう一度改めて査定した時に、当初に設定した査定額よりも査定が下回れば、差額を支払わなければなりません。

また、設定期間満了後も残っている金額を支払えばそのまま乗り続けることもできます。つまり、乗った分だけお金を払う、というシステムと言えます。「今、手持ちのお金がないけれど新車に乗りたい!」という人や、「金利を払っても月々の支払額を少なくして車に乗りたい」という人、または「短期間でいろいろな車に乗り換えたい!」という人にとっては便利なローンですね。

残価設定ローンのメリットとデメリットをまとめると次のようになります。

<メリット>

  1. 頭金が不要
  2. 月々の支払額を少なく抑えて新車に乗れる
  3. 人気車だと残価設定が高く、さらに月々の支払額も少なくてすむ
  4. 3年後に「新車への乗り換え」「返却」「買取」「新たにローンを組んで乗り続ける」の4つの選択肢から選べる
  5. 返却時の査定額が当初の査定額を上回れば、その差額が戻ってくる

<デメリット>

  1. 自分の車のようだが実は本当には自分の車ではない
  2. 車の内装などを自分のお気に入りにカスタマイズしても返却するときには最初の状態に戻さなくてはならない
  3. 3年後、事故や傷、走行距離などの条件で査定額が減ることがある
  4. 3年後の査定額が当初の査定額を下回ると、その差額を自分が払わなくてはならない
  5. 残価にも金利がかかるので、金利だけを計算してみると結構な額になる
イメージとしては、レンタル料に金利分が含まれたレンタカーに乗っている、という感じですね。金利や総支払額を考えて、この方法を選択するかどうかは、最終的にはその人の価値観です。まず自分がどうしたいのか、何を一番望んでいるのか、それから、通常のローンの見積もりと比較して支払はどうなのか、などをお店の人ともよく相談して決めましょう。

Copyrightc 2008 car-jaloan.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。