JA(農協)マイカーローンとは
ja 以外のマイカーローン
銀行系カーローン
信販系カーローン
カーローン用語集
スポンサードサーチ
サブメニュー
お勧めリンク
■保証人

保証人とは、債務者がローンや家賃のお金を払えなくなったときに、債務者の代わりに返済する法律上の義務を負う人のことを言います。債権者としては、債務者がお金を支払えなくなったときに代わりに払ってくれる保証人を立てさせることでリスクを回避しようとしています。

保証人になることを承諾すれば、債務者がお金を支払えなくなったり、夜逃げなどで行方不明になってしまったりした場合に、債務者に代わって支払いをする義務が生じます。保証人の法律的意味を知らなかったとしても、一度承諾して署名捺印したら、その義務から逃れることはできません。つまり、保証人になるということは、債務者と同じ立場に立つということになり、相当大きなリスクを将来にわたって背負うことになるのです。債務を支払うために自分の財産を処分したり、借金をしたり、自己破産してしまったりする場合もあります。

ひとことで「保証人」と言っても、実際には様々な種類があります。借金やローンの保証人・就職や就学時の身元保証人・クレジットカードなど将来発生する不特定多数の債権を保証する根保証人、手形を保証する裏保証人などです。

借金の保証人は危険性がよく知られているので断る人が多いかもしれませんが、その他は案外簡単に引き受けてしまう人も多いのではないでしょうか。「知らなかった」では済まされない、大きな問題に発展することもありますので、「絶対に迷惑を掛けたりなんてしないから」とか「書面上だけのものだから」などの言葉を鵜呑みにして軽く承諾してしまわずに、保証人になるかどうかの判断はくれぐれも慎重に行ってください。

保証人になろうとしている人が注意すべき点は、契約を結ぶ相手は債「権」者であって、債「務」者ではないという点です。お世話になったことがある人や、仲のいい友人がお願いしてきますので、その人自身と契約するような感じがしますが、そうではありません。弁済の義務は債「権」のリスク回避のために負担している義務なのです。

保証人とよく似た言葉に「連帯保証人」というのがあります。両者は似ているので同じ意味だと思われがちですが、違います。

債権者は債務者の支払いが滞ると、まず債務者本人に請求しなければならないことになっています。この手順を踏まずに請求されたときは、「保証人」の場合は「先に債務者本人のほうに請求して下さい」と言う権利があります。

しかし、「連帯保証人」の場合は、債務者の支払い能力があろうがなかろうが、債権者が、連帯保証人からのほうが代金を回収しやすいと思えば、すぐに返済を請求され、それを断ることはできません。

このような違いもよく把握しておくとためになります。

Copyrightc 2008 car-jaloan.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。